りんご7976は健康を促進させる果物で生活を支える!

りんごの栄養は健康を支える様々な栄養成分があります。 まずは、果糖です。りんごポリフェノールという別名があり、ほかの果物とは違って中性脂肪の上昇を抑える働きがあり、血液の流れを促進するため、動脈硬化や糖尿病や高コレステロールを抑えます。 つぎに、ビタミンです。抗酸化作用が強いので肌の質を上げることで、老化を防止する肌のつややハリをもたらせる美肌効果の働きがあります。美容のためにリンゴを食べることは有効で、さらにカロリーが低いのでダイエットにも寄与します。また、食物繊維のペクチンがあり、腸を活性化させ便秘を防止しますので、おなかの張りを抑えることができます。これらの成分は、血糖値を下げたり、コレステロールを下げるため生活習慣病にも貢献します。 これらの栄養素を効率的に摂取するためには、皮をむかずに生で食べることです。包丁を入れることで茶色に変色してリンゴポリフェノールが酸化したり、熱を通すことで必要なビタミンの栄養素が減少してしまうからです。したがって、新鮮なものを選ぶことが重要になり、よくリンゴを洗って食べることがポイントです。リンゴはリーズナブルな価格ですし、非常に食べやすい特徴もあります。

りんご7976の保存方法の注意点と効能を考えましょう

りんごの賞味期間は1~2週間程度ですが、CA貯蔵法という涼しい冷暗所での保管で半年以上鮮度を保つことができるようになりました。 家庭での保存方法の注意点は、水分の蒸発を防ぐためにポリ袋などに入れて密封して冷蔵庫などに置きます。 りんごはエチレンという植物ホルモンを発するため、他の果物や野菜と一緒に保存すると、それらの成熟させてしまいますので注意が必要です。 りんごに期待される効能は、整腸作用、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの予防と言われます。 りんごに含まれるカテキンの抗酸化作用によるものです。 このように、りんごはさまざまな病気の予防に効果が期待できます。