毎日でも食べたい!いいことだらけの「りんご7976の栄養」

健康管理をする上で食事や運動は大事ですが、食事で摂る栄養もとても大切ですよね。1年中買うことができる身近な果物の代表「りんごの栄養」を紹介します。 りんごはテレビ番組でも特集されるほど健康に良さそうなイメージがありますが、「一日一個で医者知らず」といわれるほど栄養素の高い果物なのです。 りんごに多く含まれているひとつが「ペクチン」。「ペクチン」とは水溶性の食物繊維です。便秘解消や血糖値の急激な上昇を抑えたり、肥満予防、糖尿病予防、動脈硬化の予防、ガン・心筋梗塞の予防にも効果的です。また「カリウム」も多く含まれています。体内のナトリウムを排出して血圧を下げる効果があり、むくみ解消、高血圧や腎臓病の予防効果もあります。他にも「クエン酸」「りんご酸」も含まれていて、疲労回復、新陳代謝を良くする効果もあり、疲れが取れやすくなります。そして「りんごポリフェノール」。茶カテキンやワインに含まれるポリフェノールの一種です。脂肪低減、アンチエイジング、寿命延長、美白効果まであります。りんごは皮ごと丸かじりで食べたほうが栄養素を摂れるのでオススメです。たくさんの栄養が摂れるだけでなく、虫歯予防にもつながるので健康のためにも毎日食べたい果物ですね。

りんご7976は他の果物や野菜と一緒に保存できる!

りんごは寒い時期が旬の果物なので、暖房が入っていない部屋ならば箱に入れておいただけでも1ヶ月程度は日持ちします。暖かい状態の場合は冷蔵庫に入れておきます。その場合は、りんごは果物を熟す働きを持つエチレンガスを放出しているため、他の果物や野菜に影響しないようにビニール袋などに入れることが大切です。また、袋に入れることで乾燥も防ぎます。 エチレンガスの働きを利用して、まだ熟していないバナナやキウイなどを早く食べたい時はりんごと一緒に保管しておくと良いでしょう。 エチレンガスはジャガイモの発芽を抑える働きもあります。ジャガイモと一緒に保存するとジャガイモの芽が出てくるのを遅くしてくれます。